東博「秋の特別公開」行ってきた

@東京国立博物館

 

この先も、ずっとずっとこの絵が失われずにいますように。
大切に大切にしますから、どうかこの絵がなくなりませんように。

 

そう思える作品がどれくらいこの世にあるのかわかりませんが、抱一の四季花鳥図巻を観て、心底そう思いました。

細長い紙に、夏の終わりから冬にかけての、その辺に生えてる草花とか蟲や鳥が描かれているだけ。それだけなんだけど、そのなんと清廉で美しいことか。こんなにも素晴らしいものがこの世に存在していることに本当にびっくりして、でも同時にそれは下手したら過去に失われてしまうこともあったかもしれないし、もしかしたらこの先そういうことがあるかもしれない。それがとても怖ろしい。どうかどうか大事にされますようにと思った。なくしちゃだめだと思った。

こういうふうに神様のような存在に、ついお願いしたくなるようなことってどれくらいあるのだろう。そしてそういったものを間近で見ることができて、その世界の中を覗けるような幸運な体験を、この先どれくらい経験することができるんだろう。

※まだ観に行っていない方・観たことがない方へ、「こういう感じですよ」の情報となればとたくさん写真載せてしまいましたが、実物はもっとずっと滋味の深い色あいで、清楚です。
zuzumushi420asagao388ぶどうとあかまんま ぶどうととり kamakiri 聴くとかsemi ari aoimi akinohana かえで tori あかいみ

もうね、隙がないの。だからこっちも一か所一か所ガン見してしまうの。
そしてついでにメルヘンなこと言わせてもらうと、このミクロの世界で生きている錯覚を起こすの。
「ニルスのふしぎな旅」のニルスだったり、「とんがり帽子のメモル」だったり「スプーンおばさん」(お友達は匙ババアと愛をこめて呼んでいる)になったような気持ちになるのです。
朝顔がこんなに青い・ぶどうの蔦がうつくしい・空気に葡萄の酸っぱい匂いが混じっているとか・葉の色がかわってきて、土が露でしめっているような感じがするとか・鳥の羽根が冬毛になってきたから北風で耳が痛くなるなとか。小さくなってその季節にいるような気持ちになる。
これはわたしが撮った写真からだと絶対に伝わらないので、図巻として体験してほしいなあ。

他にも抱一は夏秋草図屏風が出ています。
こういうの見ると、抱一だなあという気持ちになります。渋い銀色に、枯れ草と瑞々しい青。黄金の葉脈。
SONY DSC
わたくし、興奮してホワイトバランスの設定ちゃんとやってなかったんですの…。なので背景金色に見えますが、本物は冴え々々した銀色です。
特別公開とはいえ連休中日でもそこまで混んでいませんでした。作品の前にソファがあるので、ガラスケースの前に人だかりができていなければ、向き合って静かに観賞することが可能です。

 

他にも特別公開の品はいろいろ出ていますが、ずっと気になっていた土蜘蛛草子絵巻
”『太平記』中の挿話や謡曲「土蜘蛛」として有名な、平安中期の武将・源頼光の土蜘蛛退治物語を描いた絵巻。
ある日、空を飛ぶ髑髏をみつけた頼光は、渡辺綱とともにこれを追って京都・神楽岡に至る。この地のあばら屋で出会ったのは数々の妖怪。ついには巨大なけものが現れる。頼光と綱が力を合わせてこれを倒すと、その正体は土蜘蛛であった。
あばら家を舞台に、次々に登場する多種多様な妖怪と、これに立ち向かう頼光の様子が巧みに描かれる。室町時代に流行する御伽草紙絵巻の先駆的作例と考えられている。
素朴な画風の御伽草紙絵巻が多い中、本絵巻は鎌倉時代の正統派やまと絵の本格的画風を備えている点で貴重である。(e-国宝より)”
もう「ある日空飛ぶ髑髏をみつけた頼光は…」の時点で笑ってしまうんだけど、その後あばら家で90歳の巨乳おばあちゃんに頼まれごとをしたり、夜な夜ななんとなく物の怪がやってきてピンポンダッシュみたいな感じでちょっかい出していったり、美人が来たと思ったら雌型巨人だったり、だんだん頼光の経験値があがっていくにつれてモンスターも強力になっていき、ラスボス戦でキングベヒーモスみたいなのを倒したら第二形態に進化して土蜘蛛になったり、ちょっとした好奇心から冒険の世界へと旅立つファンタジー系RPG絵巻はとても楽しいです。しかし渡辺綱も付き合いがいいよなあ…

ちょっかい出しに来る物の怪たち。頼光も慣れたものなのか「また来てる~」という感じの顔。
ちょっかい出しに来る物の怪たち。頼光も慣れたものなのか「また来てる~」という感じの顔。

 

美人がいると思ったら雌型巨人だった。美人設定の所為(?)か目がキラキラしている。
美人がいると思ったら雌型巨人だった。美人設定の所為(?)か目がキラキラしている。
経験値が上がるにつれてだんだん敵も強そうになってくる。
経験値が上がるにつれてだんだん敵も強そうになってくる。

 

ラスボス戦。「かいじゅうたちのいるところ」に居そうな顔。泣きそうな顔してる。
ラスボス戦。「かいじゅうたちのいるところ」に居そうな顔。泣きそうな顔してる。

 

あれ・・うしろにいるのは子供かな・・・。もしかしてこの土蜘蛛はお母さんだったのかな・・・。SIDE土蜘蛛も作ってほしかった。
あれ・・うしろにいるのは子供かな・・・。もしかしてこの土蜘蛛はお母さんだったのかな・・・。SIDE土蜘蛛も作ってほしかった。

 

 

さて今回の目玉は「秋の特別公開」の品ですが、他の展示品も良いセレクトになっていて、アイヌコーナーには可愛い木彫りの人形もありました。(木彫・樺太ウェルテ  ※樺太ウェルテは民族名)
コートを着てマフラーを巻いたウサギちゃんと、トナカイ(?)。トナカイは、今でもラップランドのお土産屋さんにおいてありそう。
437442

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは博物画譜のコーナーも面白かった。珍獣から植物画譜まで、面白いものがたくさん出ていました。

hakubutushi chinnjyuu 469
mofumofuoji まんぼう

<赤毛雑話> オランダ人の衣食住・動植物について書いてある。右側のポーズが笑いを誘う
<赤毛雑話>
オランダ人の衣食住・動植物について書いてある。右側のポーズが笑いを誘う

 

出口手前の精密工芸コーナー、単眼鏡がほしくなる作品が並んでいるのだけれど、旭玉山の「牙彫髑髏置物」はかっこよかった。独学で彫刻を学び、医学者・松本良順から人体骸骨の製作指導を受け、象牙彫刻による髑髏を得意としたそうです。この作品しか観たことがないから詳しくはわからないけれど、なんとなく山本タカトとか澁澤龍彦的な雰囲気。

旭玉山 <牙彫髑髏置物>
旭玉山
<牙彫髑髏置物>

 

常設は何度も観てるし、そんなに時間かからないかなと高を括っていたのですが、そんなことはなく、3時間いても足りないくらいでした。何度も観ているものでも、やはりまたじっくり観てしまうし、それだけのものが揃っているのでしょう。

「和様の書」の半券を持っていくと半額(300円)で観賞することができますので、お持ちの方はぜひ。
29日までなので、まあ、抱一だけでもいいから観てみてほしいな~と思います。あんなに美しいものはそうそうお目にかかることができないと思うのです。

 

「秋の特別公開」
日程:2013年9月18日(水) ~ 2013年9月29日(日)
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)土曜、日曜、祝日、休日は18:00まで
※2013年9月28日(土)は、特別夜間開館として20時まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です