夏のおわりとかき氷と幽霊と

ひみつ堂

かき氷に100円以上払うとかないわ、という話を以前友人としていたんですけども、やはりそれなりにお値段のはるものはそれなりに素晴らしかったのでした。

かき氷食べに行こうよーと誘われて、「ひみつ堂」という店に行ってきました。
誘ってもらわなかったら、たぶん生涯行くことはなかったと思います。感謝。

ひみつ=氷蜜というだけあって、シロップではなく濃厚すりおろし果汁。そしてヨーグルトがかかってる。
800円くらいするんですけど、ふわふわの氷と果物の蜜に、氷といえど侮れんと思いました。
380389

 

 

 

全生庵 三遊亭圓朝の幽霊画コレクション

その後、全生庵で幽霊画を堪能。
谷中にある全生庵は、山岡鉄舟ゆかりのお寺。徳川幕末・明治維新の際、国事に殉じた人々を弔うために明治16年に建立されました。鉄舟と仲が良かった落語家・三遊亭圓朝の幽霊画コレクション(50幅)がこちらに納められており、8月になると一般公開されます。(ここ暫くやっていなかったそうですが、また復活したそうです)
395

50幅全てが並ぶわけではないのですが、30くらいは出ていたかなあ。ガラスケースとかに入っていないのでがっつり見放題です。

何があるのかわからなかったのですが、ふと見たところに鰭崎英朋の幽霊画があるではないか!!!
「ここにあったのかー!」と偶然の出会いに興奮しました。(クリックで全景)eiho
これ、本当に本当に美人なんですよ。化けて出てきているくせに、どことなく申し訳なさそうっていうか、シャイな感じがまた「えー せっかく来たんだからこっちおいでよー!」と声かけたくなるっていうか。。
英朋の描く女性は本当にすっごい綺麗なんだよなあ。。浪漫がある。

あと、先日書いた幽霊妖怪大全集にも出てきた応挙の幽霊がここにもいて、描表装って説明にはあるけど、単に表装する前のやつなんじゃないの?っていう感じのなのですけど、でもあの絵にそっくりです。
これ何枚あるんだろ?アイルワースのモナリザみたいな感じなのだけれど。。。
キャプションに「そもそも完全に円山応挙が描いたと確定されている幽霊画は存在しない。存在しないけれど、応挙の幽霊画と言われるものは多数存在する。そんなわけで、”応挙の幽霊画”というもの自体が幽霊のようなものである」的な事が書かれていて、言い得て妙だな~と思いました。
ちなみにこの応挙の隣の隣に、”応挙の幽霊”とほぼ同じ構図・同じルックスで、グラップラー刃牙みたいな顔の幽霊がいて面白いです。

参考資料:グラップラー刃牙
参考資料:グラップラー刃牙

あと、高橋由一(が描いたと言われている)の「幽冥無実之圖」も、おしゃれな感じで良かったです。
え?幽霊?あ、ここか!!っていう感じの、どことなく洋風な絵。

あと、川鍋暁斎のもあって、横浜そごうで見た狂ってる系に比べてこちらはジャン・コクトー系の小洒落た幽霊でした。表情も「フッ…」っていう。

美人といえば前述の英朋だけれど、池田綾岡の「皿屋敷」も美人だった!!
顔を袖でかくしているのだけれど、「どうせ美人なんでしょ!」っていうオーラ出てた。向かいにいる應岱の夫婦幽霊が完全にカフェ・ド・鬼に出てくるピエール瀧に見えるレベルで美人オーラ出てた。

参考資料:カフェ・ド・鬼 (右がピエール瀧さんです)
参考資料:カフェ・ド・鬼
(右がピエール瀧さんです)

※本当はその絵を貼りたいのですが、いかんせんマイナーなのか資料がありません。
※探すとガチでやばい写真が見つかったりするので、参考画像でお茶を濁させてくださいまし。

他にも月岡芳年の「宿場女郎圖」とか切ないのも良かった。(芳年が東海道藤沢駅の宿場で見た、病んだ女郎をスケッチしたものが元ネタ)
あと、ちょっと可愛かったのが中村芳中の「枕元の幽霊」。憎らしそうにゆがめた口元が「ケッ」と悪態ついているようで、顔は結構怖いけど面白かった。
そしてすごーく可愛かったのが歌川芳延の「海坊主」。
この、「のーーーーん」というのっぺらい感じがとてもユニークでした。白い丸は月。ここだけ胡粉で描かれています。(クリックで全景)
umi

他にも美しいのから家にあったら怖いなあっていうのまでいろいろありました。
何と言ってもケースに入っていないのでじっくり見放題というのが魅力です。

そんなわけで、谷中でかき氷を食べて散歩して、幽霊画を眺めてその後神輿に遭遇するという、なんとも過ぎゆく夏を見送るには上々な1日でしたわよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です